ADNAVI アドナビ

HOMEABOUTIFA 一覧COLUMNSログイン

ADVISER navi
によるコラム

Columns

2021.09.07W&P

株式会社W&P 代表取締役 三枝浩紀様

株式会社W&P  代表取締役 三枝浩紀様

IFAの皆様に、それぞれのキャリアや投資に関する考え方、日々の業務についてをインタビューする連載コラム。

今回のIFA個人インタビューは、三枝浩紀様(株式会社W&P  代表取締役)にお話をお伺いしました。

 

 

株式会社W&Pの代表取締役を務めている三枝さん。これからの金融業界は「CtoB」の時代が来るとおっしゃいます。これからの金融業界はどう変化し、そのなかでどういう金融アドバイザーが求められるのかを伺いました。

 

―――金融業界を目指したきっかけを教えて下さい。

経済学部だったので、グローバルな経済の動きなどに興味はあったのですが、特に金融はマーケットを通じて、その動きをダイレクトに感じることが出来る点に魅力を感じていました。証券会社は金融機関の中でも、特にマーケットに近い仕事というイメージもあったので、証券会社を選びました。

あとは、証券業界が非常に厳しい仕事であることは知っていたのですが、敢えてそういうところに自分の身を置くことで、成長できるのではないかという思いもありました。

 

―――どういう経緯でIFAになったのですか。

みずほ証券で約15年のうちに2店舗でリテール営業を経験した後、組合専従を経てコーポレート・コミュニケーション部でメディアリレーションや危機管理広報などの広報活動に従事して人事部というキャリアなのですが、リテールが一番長かったので、

長期的なキャリアを考えていく中で、出来るだけお客様に近いところでビジネスをするにはどうすれば良いのかといったことは常々考えていたことであり、それがIFAの仕事とマッチしたこともあって、先にこの株式会社W&Pを立ち上げた土井と会って、いろいろ話をし、入社させてもらうことにしました。

 

―――仕事のやりがいはどういう時に感じますか。

経営者として会社を存続かつ成長させていくのはもちろんやりがいですが、それと共に、IFAという仕事に魅力を感じてくれて、かつ弊社の考え方に賛同してくれた人たちがメンバーとして加わってくれて、徐々に会社としての体をなしつつあるところに、今は一番やりがいを感じています。

 

―――仕事をしていくうえでのこだわりは何でしょうか。

シンプルかつ素早くというのがこだわりです。お客様からの要請やニーズに素早く応えるのは当然ですが、仕組の難しい金融商品やマーケットで今起こっていることをシンプルに分かりやすくお伝えするというのが、結構難しいところですね。

 

―――これまでのキャリアで印象に残っていることはありますか。

やはり新人だった時のことですね。初めて富裕層の方にお客様になっていただいた時のことなのですが、営業鞄をプレゼントして下さいました。本当に、自分の子供のように接して下さったのですが、当然のことながら営業には転勤がつきものなので、私が2店舗目に異動することになった時、私とのお付き合いはそこで終わりになってしまいました。

お客様は店舗が変わっても取引を続けたいとおっしゃって下さったのですが、会社の方針としてもそれは難しく、4~5年で異動があるのは分かっていたものの、やはり自分の中ではしこりが残りました。私がIFAになった理由のひとつは、このあたりにもあるのかも知れません。

 

―――証券会社時代も含めて、どのような提案を得意としていらっしゃいますか。

やはりマーケットが好きなので、国内外の株式については興味がありますので、、国内外の株式を切り口とした資産運用のご提案は多いと思います。

 

―――これからの金融業界はどういう形になってくと思いますか。

金融サービス仲介法制が施行されていくなかで、お客様と金融機関の関係が大きく変わっていくと考えています。

これまでは金融機関がお客様をある意味で選んできたところがあるのですが、これからはお客様が直接、お客様の求めるニーズに最適なアドバイスや金融サービスを提供してくれるアドバイザーを選ぶ時代になっていくでしょう。言うなれば、CtoBの時代が来るということです。

今までは銀行にしても証券会社にしても、お客様が担当者を選ぶことが出来ませんでした。これからは、お客様の必要とするサービスに応じて、大勢いるアドバイザーの中から、お客様がそのアドバイザーのスペックなどを見て選別する時代になると思うのです。特にリテール分野において、この傾向が顕著になっていくのではないでしょうか。

ですから、IFAもお客様から選ばれるように、質を高めていかなければならないと思います。

 

―――そういうなかで、選ばれるIFAとはどういう人なのでしょうか。

かかりつけのお医者さんや、プライベートジムのトレーナー等は、個々のお客様の身体状態や、食生活をはじめとする生活習慣など細かく把握したうえで最適なアドバイスを提供しています。これは資産運用のアドバイザーも同じで、お客様の痒いところに手が届くようなアドバイザーは、お客様からの信頼も厚くなると思います。もちろん、そのためにはアドバイザーがお客様を知ることが重要です。

この関係を築くことができれば、お互いに「長くこの人と取引していきたい」と思えるようになるはずです。そういう人がアドバイザーとしてお客様から選んでいただけるようになりますし、この仕事においては、そういう人間関係を大事にしていきたいですね。

 

―――ありがとうございました。

 

ランキング

タグ

IFA個人インタビューみさわ財産コンサルティングペレグリン・ウェルス・サービシズマネーブレインJapan Asset ManagementCSアセットInnovation IFA ConsultingファイナンシャルスタンダードFanひびきフィナンシャルアドバイザーYSKライフコンサルタンツウェルス・パートナーバリューアドバイザーズ W&P
記事一覧へ戻る