ADNAVI アドナビ

HOMEABOUTIFA 一覧COLUMNSログイン

ADVISER navi
によるコラム

Columns

2021.04.13IFA個人インタビューInnovation IFA Consulting

株式会社Innovation IFA Consulting 長谷川 修様

株式会社Innovation IFA Consulting 長谷川 修様

IFAの皆様に、それぞれのキャリアや投資に関する考え方、日々の業務についてをインタビューする連載コラム。

今回のIFA個人インタビューは、長谷川 修様(株式会社Innovation IFA Consulting)です。

 

銀行出身のIFAである長谷川さん。度重なる転勤に対して疑問を抱いた時に出会ったIFAとして活躍中です。その長谷川様がIFAに賭ける想い、仕事のやりがいやこだわりなどについて、話を伺いました。

 

 

―――金融業界を選んだきっかけを教えてください。

大学では経済学を専攻しました。授業を通じてさまざまなことを学びましたが、そのなかで金融は経済活動の血液だという思いを強く持つようになり、その金融業界に身を置くことに魅力を感じました。金融機関といっても銀行や証券会社、保険会社などさまざまな選択肢がありましたが、このうち銀行に行くことを決めました。その後、複数の会社で働いた後、IFAとして独立することにしました。

 

―――いくつかの会社を経てIFAになることを選んだ理由を教えて下さい。

金融機関に勤めた経験から申し上げると、とにかく転勤が多いのですね。2、3年おきに転勤を命じられるのですが、それによってお客様とのリレーションが途切れてしまいます。それに対して疑問を抱くようになりました。

金融機関に勤め続ける限り、転勤は受け入れるしかないのかなどと考えていた時、IFAという仕事に出会いました。話を聞いたところ、IFAはお客様と長期的な関係を構築して、信頼関係に基づいた取引を行っていることを知りました。これなら転勤に悩まされることなく、自分のお客様と長期でお付き合いできると思い、IFAとして働くことにしたのです。

 

―――Innovation IFA Consultingを選んだのはなぜですか。

弊社の馬場のIFAに対する熱意を強く感じ、その思いに共感したからです。いろいろ話をするなかで、私自身も弊社の一員として、また一IFAとして、しい金融の常識を創るお手伝いがしたいと思うようになりました。世間におけるIFAの認知度はまだまだ低いのですが、頑張ってIFAという素晴らしい仕事を世の中に知らしめていければと思います。

 

―――普段はどのようなお仕事を中心に行っているのでしょうか。

個人、法人を問わず、幅広いお客様に対して金融資産の運用提案を行っています。その際に重視しているのは、長期的なお付き合いをしていただけるかどうかです。それはひとえに私自身のアドバイスに対する付加価値を認めて下さるかどうかに尽きますので、お客様に納得していただけるご提案を続けることによって、信頼関係を築いていきたいと思います。

 

―――今のお仕事のやりがいは何でしょうか。

やはり、お客様から「あなたに任せて良かった」と言われることが、一番のやりがいですね。この言葉を励みにして仕事を頑張っています。そう言っていただけるようにするには、先にも申し上げましたように、一にも二にも、とにかくお客様との信頼関係構築が大切だと思っています。

 

―――お仕事に対するこだわりにはございますか。

まずはお客様に利益を享受してもらうことです。短期のトレードでも長期投資でも、利益は利益で、そこに色はありませんし、短期のトレードによって利益を得ることに対して、判的なことを申し上げるつもりもありません。

ただ私の場合、お客様と長期的にお付き合いを続けられるように意識していますから、目先の利益を追うのではなく、長期的に財産が増えていくようなアドバイスを心がけています。

 

―――過去、印象的に残っている出来事はありますか。

長期運用を前提にしてお客様にアドバイスして差し上げ、実際にお客様が投資した商品があったのですが、短期的にマーケットが大きく崩れてしまったため、お客様も耐え切れずに損切りさせてしまったことがあります。

この経験から、マーケットの動向によって価格が変動する商品を購入していただいた時は、投資した時だけでなく、投資していただいた後もきめ細かくフォローする必要があることを痛感しました。

実際、比較的安定した成績が期待できる金融商品でも、マーケットが大きく動いた途端、リスクが急に上がることもあります。その点では、お客様がどの程度までのリスクなら許容できるのかということも、しっかり把握しておく必要があると思いました。

 

―――どのような提案を得意としていらっしゃるのですか。

「これが得意」ということはあまり意識していません。常にお客様にとってベストと思われる提案をするように心がけています。

ただ、強いて申し上げるとしたら、保険商品と仕組債を中心にして、お客様にご提案差し上げるケースが多いと思います。

 

―――投資のアイディアはどのように発掘されていらっしゃいますか。

経済や金融関係の雑誌や新聞などにも目を通しますが、速報性という点でインターネットの情報も活用します。最近は、IFAの方々がYouTubeで映像コンテンツを配信しているので、それを参考にすることが結構あります。

 

―――今後の金融業界はどうなっていくとお考えでしょうか。

銀行や証券会社などの金融機関で働いている人も、IFAとして独立した立場で働いている人も、結局のところ個々人がどれだけ自分の知識やスキルを高めていけるかによります。こうして他のIFAたちとの差別化を図っていかないと、お客様から選んでいただけなくなります。

私はIFAとして独立するまで、金融機関という組織に属して働いてきました。まさに組織人だったわけですが、これからの時代は所属する組織の大小、独立しているかどうかに関係なく、個人の時代になると思います。このような時代を乗り越えるには自己研鑽がとても大事になっていきますが、その分だけ個人が自由に、大きな活躍が出来る社会になっていくものと期待しています。

 

ランキング

タグ

IFA個人インタビューみさわ財産コンサルティングペレグリン・ウェルス・サービシズマネーブレインJapan Asset ManagementCSアセットInnovation IFA ConsultingファイナンシャルスタンダードFan
記事一覧へ戻る