ADNAVI アドナビ

HOMEABOUTIFA 一覧COLUMNSログイン

ADVISER navi
によるコラム

Columns

2021.04.13IFA個人インタビューInnovation IFA Consulting

株式会社Innovation IFA Consulting 遠藤 真哉様

株式会社Innovation IFA Consulting 遠藤 真哉様

IFAの皆様に、それぞれのキャリアや投資に関する考え方、日々の業務についてをインタビューする連載コラム。

今回のIFA個人インタビューは、遠藤 真哉様(株式会社Innovation IFA Consulting)です。

 

憧れの気持ちから証券会社に入社した遠藤さん。しかし転勤が多いため、お客様との信頼関係構築に悩んでいた時にIFAの存在を知り、転職を決意したそうです。遠藤さんはIFAとしてどのような提案を得意とし、お客様を増やしているのか、伺いたいと思います。

 

 

―――金融業界を選んだ理由を教えてください。

学生時代の先輩が証券会社に勤めていて、時々、仕事の話を伺う機会があったのですが、いかにも金融の第一線で働いている印象を受けました。とても漠然としていますが、憧れに近い気持ちを持つようになったことがきっかけだと思います。

 

―――なぜ証券会社を辞めてIFAになろうと思ったのですか。

一番の理由は転勤が多いことです。

恐らくIFAになられた方は皆、同じだと思うのですが、証券会社は2、3年に一度の頻度で転勤させられるので、1人のお客様とじっくりお付き合いすることができませんし、自分自身にとっても、転勤のたびに新しく担当させていただくお客様と信頼関係を構築しなければならないので、非常に非効率です。

でも、IFAなら転勤がないので、自分のお客様とじっくり向き合うことができます。ここに魅力を感じて、IFAになろうと思いました。

 

―――Innovation IFA Consultingを選んだ理由は何だったのでしょうか。

実は弊社代表の馬場と同期で、声をかけて頂いたのがきっかけです。

ちょうど私がIFAに転じることを考えていた時期だったので、誘って頂いた時にすぐ決断しました。即答でした。

 

―――IFAのメリットは何でしょうか。

2つあります。ひとつは何といってもお客様と一生涯のお付き合いをさせていただけることです。

もちろん、そのためにはお客様との間に信頼関係を構築することが大前提になりますが、お客様と長いお付き合いになることを考えれば、提案する内容もより真剣度が高まります。

もうひとつは、自分自身の裁量ですべてを決められることです。お客様に対する提案内容もそうですし、働く時間、働き方などもすべて自分で決めなければなりません。指示待ち仕事の方が楽だという方には向いていないでしょうね。

 

―――仕事をする上でのこだわりを教えてください。

常にお客様を第一に考えることを忘れずに仕事をしています。どのようなポートフォリオでお客様の大事な資産を運用していくのかというプランをしっかり考え、そのプランを実行するうえで必要な金融商品を選択します。お客様を大事にするという仕事のこだわりだけは大事にしています。

 

―――お客様は、どういう層の方が多いのでしょうか。

50代の経営者の方です。皆さん、私がIFAになってからお付き合いが始まった方ばかりで、既存のお客様からのご紹介でお客様になっていただきました。

 

―――相談内容はどのようなことが多いのですか。

最近は、アメリカの個別株投資に関する相談が増えています。私の方で銘柄をいくつか提案させて頂き、そのうえで投資配分の比率を決めて、お客様が許容できる範囲内でリスクをコントロールするようにしています。

 

―――過去に関わった案件で印象的だったことはありますか。

すべての案件が印象に残っています。なので、何かひとつを取り上げるのは難しいのですが、ひとつはこのコロナ禍で大きく資産を増やされたお客様です。個別株投資のお客様だったのですが、ちょうどコロナショックで株価が大きく下げた時、私はいくらなんでもこれは売られすぎだと考えていたので、個別株投資を検討して下さっているお客様にご案内差し上げました。

このお客様は非常に安いところでかなりの株数を買うことが出来たため、その後の値上がりでかなり利益を増やしました。結果的に今、私の大口取引先になって下さっています。

もうひとつは私が野村証券に勤めていた頃の話になりますが、相続税を少しでも圧縮できないかということで暦年贈与と保険に加入していただいたお客様がいらっしゃいます。被相続人は90歳の女性で資産家でしたが、すでに認知症の症状が現れていました。

相続人は2人のお子様と、6人のお孫様だったのですが、当然、資産家の相続には身内の相続争いに発展するリスクがあります。そこで相続争いが起らないようにするため、300万円ずつの暦年贈与を実行すると共に、2億円の外貨建て終身保険にご契約いただきました。

もちろんご契約いただいたことは嬉しかったのですが、何といってもご家族全員が話し合いをして、相続争いをすることなくすべてを終えられた時、お客様のお役に立てたという実感が湧いてきました。

 

―――得意な提案分野はありますか。

外国株式の提案です。もしくは、ニュース情報に基づいて短期の売買をしていただくことです。後者の場合、当然ながらリスクも高めになるので、誰にでも、というわけにはまいりませんが、そういう取引を好まれるお客様に対しては、短期トレードに関連する情報も適宜、提供させていただきます。

 

―――情報収集に際しては、どのような媒体を参考にしていますか。

Twitterで情報を集めることが多く、お勧めは「決算マン」というアメリカの決算速報を呟いてくれるアカウントです。そこで気になる銘柄があれば、「米国会社四季報」で詳しく調べるようにしています。

 

―――今後の金融業界はどうなっていくと考えていますか。

アメリカのように、IFAが金融業界を牽引していくと思います。お客様から頂戴する手数料に関しては実績報酬連動型になり、お客様が得た利益に応じた手数料を頂く形になるでしょう。それは、お客様にとっても、またIFAにとっても納得のいく手数料体系だと考えます。

また、高いコストをお客様に払って頂く以上、私自身の価値も上げなければと常々、考えています。

 

遠藤様のプロフィールはこちら

 

ランキング

タグ

IFA個人インタビューみさわ財産コンサルティングペレグリン・ウェルス・サービシズマネーブレインJapan Asset ManagementCSアセットInnovation IFA ConsultingファイナンシャルスタンダードFanひびきフィナンシャルアドバイザーYSKライフコンサルタンツ
記事一覧へ戻る