ADNAVI アドナビ

HOMEABOUTIFA 一覧COLUMNSログイン

ADVISER navi
によるコラム

Columns

2021.04.27FanIFA個人インタビュー

株式会社Fan 谷山 泰彦様

株式会社Fan    谷山 泰彦様

IFAの皆様に、それぞれのキャリアや投資に関する考え方、日々の業務についてをインタビューする連載コラム。

今回のIFA個人インタビューは、谷山 泰彦様(株式会社Fan)にお話をお伺いしました。

 

保険業界からIFAの世界に飛び込んできた谷山様。IFAとして活動するなかで、富裕層だけでなく、若い人たち、資産形成層の人たちにアドバイスをしながら、彼らの資産形成の一助になりたいと考えています。

 

 

―――IFAを選択した理由を教えてください。

前職は保険の営業でしたが、自分自身で資産設計をしていく中で、保険のみを提案するよりも、幅広い提案が必要だと気づきました。生命保険だけでなく、有価証券と保険を連携させながら総合的なコンサルティングをすることで、お客様の役に立ちたいと思うようになったのです。

ただ、私が思っていた以上に担当させて頂いていたお客様は、NISAやiDeCoの運用、投資信託、株などに関心がありませんでした。そこにギャップを感じて、誰でも出来る資産形成の方法が世の中にはたくさんあることを少しでも広めたく、IFAになることを決めました。

 

 

―――数ある金融商品仲介業者の中からFanを選ばれた理由は何ですか。

転職サイトから応募しました。一般的にIFA業界では、証券会社での営業経験有無を問われるため、保険会社出身で証券営業が未経験の人を募集しているIFA法人はほとんどありません。偶然にも、弊社は保険ビジネスを拡大するタイミングだったため、採用に至りました。

 

―――IFAに転職された前後でお客様に変化はございましたか。

前職で担当させて頂いていたお客様に関しては、別の担当者に引き継いでもらいましたので、現状では新しいお客様を担当させて頂くことが多いです。

もちろん、引き続き担当させて頂いているお客様もいらっしゃいますが、基本的に大きくお客様の層は変わりました。お客様の属性は、運用したいとご相談を頂くことが多いので、ご資金に余裕がある方が中心です。

 

―――どうようにしてお客様の開拓をされているのですか。

弊社で開催しているセミナーに参加して下さった方や、ホームページを見てお問い合わせして下さった方の対応が中心です。

相談内容としては、運用方法や商品の選び方、NISAなど各種制度の活用方法に関するものが多いです。もちろん、生命保険に関するご相談を受けることも結構あります。

 

―――IFAに転職する前に持っていたイメージと、実際に働いてみて受けた印象の間にギャップはありますか。

今までハイリスクの商品を扱っていなかったこともあり、生命保険と異なる商品を提案する難しさはあります。知識を持っていても伝える力は別物なので、お客様の反応を見ながら提案するようにしています。

 

―――お仕事のやりがいは何ですか。

お客様の資産運用や保険について、提案からアフターフォローまでお役に立てることです。前職と違い、提案できる商品の選択肢が多いことがIFAのメリットだと思います。営業担当者の成績や会社都合の提案ではなく、お客様にとって最良だと思えるアドバイスをすることにこだわりを持っています。

 

―――今後、IFAとして仕事をしていく上で、イメージしていることはありますか。

営業スタイルはまだ模索中ですが、若年層や資産形成層の方を対象にして、保険をはじめとする金融全般の資産管理や知識の育成に力を入れていきたいと思っています。

加えて、IFAの存在意義について大事にしたいと思っていることがあります。

相談に見えられる方の大半は、ご自身の投資方針や商品に不安を感じていらっしゃいます。例えば、つみたてNISAを活用して長期投資をしているはずなのに、途中で解約してしまったり、頻繁に商品を変えてしまったりする方が後を立ちません。株式の短期売買で失敗している方も結構いらっしゃいます。

運用方法に正解はありませんが、IFAとして先に述べた方々を少しでも成功に導くお手伝いができればと思います。保険や証券などの運用提案のみに収まらず、運用方法に関してお伝えすることが、IFAとしての存在意義だと思います。

 

―――どのような媒体、メディアから投資アイディアを発掘していますか。

証券会社が開催する勉強会、Youtube、書籍など、さまざまな媒体から情報収集しています。それらの情報から取捨選択したうえで、提案に生かしています。情報は常に更新されているので、私の考え方自体も2か月前、3か月前に比べて変わっていることもしばしばあります。

 

 

――― 今後の金融業界はどのようになっていくと思いますか。

フィンテックがどんどん広まっていくことによって、個人営業はいかにお客様に付加価値を提供できるかが重要になると思います。

例えば最近は、ロボアドバイザーやアルゴリズムトレードなど、機械的に運用できるツールが増えてきているので、これらのツールを使い、専門家のアドバイス無しで、ある程度まで運用できるようになってきました。

ただ、投資の意思決定は機械ではなく、最終的には人だと思います。機械では判断できないことも多く、最終的な判断に人間の裁量が入らないと、正確な運用継続は難しいのではないでしょうか。だからこそ、IFAという「人」で付加価値を提供することが重要になると思います。

 

谷山様のプロフィールはこちら

ランキング

タグ

IFA個人インタビューみさわ財産コンサルティングペレグリン・ウェルス・サービシズマネーブレインJapan Asset ManagementCSアセットInnovation IFA ConsultingファイナンシャルスタンダードFan
記事一覧へ戻る