ADNAVI アドナビ

HOMEABOUTIFA 一覧COLUMNSログイン

ADVISER navi
によるコラム

Columns

2021.04.09IFA個人インタビューCSアセット

CSアセット株式会社 池田 従通様

CSアセット株式会社 池田 従通様

IFAの皆様に、それぞれのキャリアや投資に関する考え方、日々の業務についてをインタビューする連載コラム。

今回のIFA個人インタビューは、池田 従通様(CSアセット株式会社)です。

 

証券会社で9年間、支店営業を経験した池田従通さん。IFAに転じて2社目がCSアセット株式会社です。なぜ所属する仲介業者を変えたのか、どのような提案を得意とするのかなどについて伺いました。

 

 

―――金融業界を目指したきっかけを教えてください。

新卒で就職したのは、金融機関とは全く別の業界でした。ただ将来のことを考えた時、株式や投資信託など金融商品の知識を身につけなければと思い、その会社を1年で退社して、第二新卒で証券会社に転職しました。

 

―――実際に入社してイメージとのギャップはありましたか。

イメージ通りでした。私は大学生の時、体育会系だったのですが、転職した証券会社も体育会系に近いところだったので、仕事は私自身にとても合っていました。天職とさえ思っています。

 

―――天職だった証券会社からIFAに転じた理由を教えて下さい。

前職の証券会社は三重県で6年間、神戸市で3年の計9年間、勤めていたのですが、株式による運用が得意だったので退職をし、個人投資家として生計を立てようとしたところ、運用に失敗してしまいました。やはりお客様に提案するのと、自分のお金を運用するのは別物だということを痛感しました。

再びどこかに所属して働こうと考えていた時、後輩に誘われてIFAとして働くようになりましたが、やはり会社のバックアップ体制という点で大手の金融商品仲介業者の方が有利ということもあったので、今の会社に移りました。

 

―――普段のお仕事の流れを教えてください。

長期的な資産形成の重要性を理解していただけるよう長期分散投資、積立投資のセミナーを定期的に開催しています。現在、積立投資のお客様は100名くらいになりました。

それに加えて、まとまった資金で株式の売買をされる大口のお客様がいらっしゃいますので、株式関連の情報提供などもしっかり行うようにしています。

積立投資のお客様は、今の段階ではまだ規模的には小さいのですが、長期的にコツコツと積立投資を継続していただけたら、徐々に資産規模が大きくなっていきます。

ですので、ある程度積立投資の額が大きくなった時点で、長期分散投資の運用を改めて提案できればと考えています。

 

―――お仕事のやりがいを感じるのはどういう時ですか。

お客様の資産が増えて喜んでいただけた時ですね。

証券会社時代は、お客様からいただいた手数料で会社に利益をもたらしたことがやりがいでしたが、今はお客様の資産形成に注力しています。結果的に、お客様と向き合う時間が増えました。現状、株式運用して下さっている方が中心ですが、徐々に投資信託の残高を積み上げて下さるお客様を増やしていきたいと思います。

 

―――お仕事をする上でのこだわりを教えてください。

「三方よし」です。お客様、会社、そして自分が満足できるような仕事を心がけていきたいと思います。

 

―――担当しているお客様はどういう方が多いのですか。

資産形成層から富裕層まで幅広い年代の方をご担当させて頂いております。

資産形成を考えていらっしゃる20〜30代の方には、つみたてNISAで月2〜3万円の積立投資をご案内しています。

また、50〜60代の富裕層の方には有価証券運用や税金対策、不動産、保険の提案など各分野のプロフェッショナルの方とチームを組んでご提案させて頂いております。

相続・税金対策にも対応できるよう、資産運用の提案に止まらず、幅広いコンサルティング業務を行っております。

 

―――どのような相談内容が多いのですか。

お客様によってさまざまですね。有価証券の運用に関する相談もあれば、税金対策、相続対策、不動産活用など、本当にいろいろありますので、自分自身のスキルを高めることも大事ですが、同時にどのようなニーズにも対応できるよう、各分野のプロフェッショナルとしっかり連携できるようにしています。

また若い方の相談も増えていますが、こちらは将来を見据えた資産形成に関する相談が中心です。

 

―――どのような提案を得意としていらっしゃるのですか。

不動産投資です。2020年の2〜3月あたりから、医療従事者向けの専門チームを作り、主にお医者様向けの財務コンサルタントを展開しています。特に不動産を活用した投資案件を組み込んでいて、勤務医の方もご自身で法人をつくり、不動産投資をしていただいております。コンサルティング業務という点で申し上げると、年収1000~2000万円の方を対象にした提案を得意としています。

 

―――投資のアイディアを考えるうえで何を参考にしていますか。

知り合いのIFAと情報交換することが多いですね。ただ、株式投資を得意とするIFAが意外と少ないので、特に短期の株式売買をしたいというお客様への情報提供については、YouTubeやブログに上げている個人投資家の情報を参考にすることがあります。

あとは異業種交流会への参加ですね。さまざまな業界の方と知り合えるので、そこでの話から参考にさせていただくこともありますし、意見交換会なども積極的に参加するようにしています。

やはり横のつながりは大事ですね。私自身、個人事業主ですから、他の自営業者の方たちとお互いにやり方を工夫しながら、大事な情報はシェアするようにしています。

 

 

―――今後の金融業界はどうなっていくとお考えですか。

残高ベースの報酬体系に変わっていくと思います。ネット証券の台頭によって手数料が低くなっているので、売買手数料で収益を得るのは今後、ますます難しくなるでしょう。

投資信託や債券などの金融商品を売るだけの営業は、もう通用しません。自分自身をお客様に選んでいただくために自己研鑽をし続け、その結果として、お客様からお預かりする資産を積み上げていきたいと思いますし、そういうIFAがこれからの金融をリードしていくのではないでしょうか。

 

池田様のプロフィールはこちら

 

ランキング

タグ

IFA個人インタビューみさわ財産コンサルティングペレグリン・ウェルス・サービシズマネーブレインJapan Asset ManagementCSアセットInnovation IFA ConsultingファイナンシャルスタンダードFanひびきフィナンシャルアドバイザーYSKライフコンサルタンツ
記事一覧へ戻る