ADNAVI アドナビ

HOMEABOUTIFA 一覧COLUMNSログイン

ADVISER navi
によるコラム

Columns

2021.02.02IFA個人インタビュー

ペレグリン・ウェルス・サービシズ株式会社  森下 雅之様

ペレグリン・ウェルス・サービシズ株式会社  森下 雅之様

IFAの皆様に、それぞれのキャリアや投資に関する考え方、日々の業務についてをインタビューする連載コラム。

 

今回のIFA個人インタビューは、森下 雅之様(ペレグリン・ウェルス・サービシズ株式会社)にお話をお伺いしました。

 

 

―――  金融業界を選んだきっかけを教えてください。

大学では株式のゼミに入っていました。先輩方が証券会社に就職される方が多く、漠然と金融の中でも証券に興味があったため、証券会社に就職しました。

体育会系の人材が好まれる業界だと認知していたので、入社してからのギャップはありませんでした。

 

 

―――  その後なぜIFAを選んだのでしょうか。

前職の先輩に誘われたことが直接のきっかけです。それまでIFAの存在を知りませんでしたが、日々のお客様とのご面談のなかで、会社に求められる営業をすることや担当者が頻繁に転勤することに大きな疑問を抱いていてました。

このような疑問を持っていたときに先輩から話を伺いましたので、IFAの営業スタイルは私の疑問を解決するものだと感じました。

 

 

―――  その中でも今の会社を選んだ理由は何でしょうか。

自分では経験できない大きな仕事や自分にはない考え方を取り入れたいと思ったからです。実は、前職の先輩たちとIFA法人を新規に立ち上げる予定でした。設立するまでの間、別のIFA法人に所属していたのですが、そこで知り合った方が代表の山口です。

山口もIFA法人を設立するために期間限定で所属していましたが、その仕事ぶりに圧倒されました。私たちが経験していたリテール営業とはスタイルも考え方も異なっていたので、参画させて頂いたという経緯です。従って、決断までも時間はかかりませんでした。

 

 

―――  今のお仕事内容を教えてください。

資産形成のアドバイスをしています。前職から付き合いのあるお客様や紹介して頂いたお客様、ホームページやセミナー等を通じてお問い合わせを頂くお客様がメインです。

お客様の運用背景や資産に対する悩みを伺い、最適と思われる運用プランをご提案しています。

 

 

―――  お仕事をされる中で一番のやりがいはどういったところになりますか。

お客様が別の方を紹介して頂いた時にやりがいを感じます。紹介して頂くことは心から信頼して頂いたことの証拠だと思っていますので、非常に嬉しいです。

 

 

―――  お客様からのご紹介というのは証券会社時代と比較して増えましたか。

増えました。証券会社に勤めていた時は、営業地域が絞られていましたが現在は全国的に活動しています。先日は東京にお住まいのお客様が四国にお住まいの方を紹介して頂いたこともありました。営業地域が限られていないということはメリットだと思います。

 

 

―――  仕事をする上でのこだわりは何でしょうか。

誠実・真摯に対応することにこだわっています。私の意見や会社としての意見をお客様にお伝えした際、お客様から質問があればすぐに調べて正確に伝えるようにしています。前職では、深掘りせずに片付けていたことも、今は金融商品運用という枠組みに囚われず、様々なところから情報収集して丁寧にお応えしています。

 

 

―――  メインのお客様層を教えてください。

さまざまなお客様を担当していますが、退職者の方が多いです。また、最近はセミナーやホームページを通じて若い世代の方からお問い合わせを頂くことが増えました。特に積立投資の関心は非常に大きいです。

 

 

―――  どのようなご相談が多いのでしょうか。

既に運用されていらっしゃる方がセカンドオピニオンとして相談に来るバターンが多いです。ただ、先程も申し上げた通りつみたてNISAやiDeCoが普及していることもあり、運用したことがない若い世代の方から相談を受けることもあります。そういう方からは、「何から始めて良いかわからない」、「初めから全て教えて欲しい」といったご相談を多くいただきます。

他には、退職者の方からまとまったご資金でどうポートフォリオを組んで運用するべきかというご相談も頻繁にいただきます。

 

 

―――  記憶に残っている印象的な案件はございますか。

大切なご資金である退職金の運用を任せて頂いたことです。退職金運用の悩みを抱えていらっしゃる方は多くいらっしゃいます。それを解決するために退職者の方は証券会社に相談したり、他のIFA法人に相談すると思います。数ある金融機関の中で任せて頂くことは非常に嬉しいことです。

 

 

―――  得意なご提案の分野はございますか。

お客様のご意向を伺い、お客様にとって最善の提案をすることに集中しています。基本的に得意な分野があるわけではございません。ただ、傾向として債券や投資信託でポートフォリオの軸を固めつつ、サテライト敵に株式をご提案することが多いです。お客様のご意向を伺う中で、そのお客様に合う商品提案をして、合わなければ再度ご提案することをじっくり繰り返しています。

 

 

―――  どのように情報収集をされていますか。

証券会社のレポート、SNS、日経ヴェリタスから情報を収集することが多いです。前職は三菱系だったこともあり、同社から発行されているレポートはよく見ています。

 

 

―――  今後の金融業界はどうなっていくと思われますか。

お客様・投資家がアドバイザーを選ぶ時代が来ると思います。私がIFAになったのが3年前ですが、その頃と比べるとずいぶん認知度は高くなっていると思います。他金融機関もIFAの動きに敏感になっていますし、その中で生き残っていかなければなりません。

また、IFAと証券会社で分業されていくと思います。IFAは投資家のアドバイザーとしての機能を担い、証券会社は企業の資金調達に代表される引受業務に特化するのではないでしょうか。いずれにせよ、この中で生き残っていくこと、お客様に選ばれるIFAになりたいと考えています。

 

森下様のプロフィールはこちら

 

ランキング

タグ

IFA個人インタビュー
記事一覧へ戻る