ADNAVI アドナビ

HOMEABOUTIFA 一覧COLUMNSログイン

ADVISER navi
によるコラム

Columns

2021.01.29IFA個人インタビューみさわ財産コンサルティング

みさわ財産コンサルティング株式会社 代表取締役社長 釜洞 秀人様

みさわ財産コンサルティング株式会社 代表取締役社長 釜洞 秀人様

IFAの皆様に、それぞれのキャリアや投資に関する考え方、日々の業務についてをインタビューする連載コラム。

 

今回のIFA個人インタビューは、釜洞 秀人様(みさわ財産コンサルティング株式会社 代表取締役社長)にお話をお伺いしました。

 

――― 金融業界を選んだきっかけは何でしょうか。

元々弊社は会計事務所です。そこから平成5年に、FP業務を立ち上げました。当初FP業務といっても、会計事務所の弊社からすると事業承継対策や相続対策がメインで、あまり金融とは関係ない状態でした。そこから業務を進めていくうちに、生命保険の取り扱いなどを始めました。

低金利がずっと続いてきたこともあり、相続をやっていく中でお客様からは資金運用の問い合わせや相談が増えていき、運用という世界に入っていったという流れです。

このような経緯ですので、初めから金融業界をやろうということは決してなくて、お客様のニーズに応じて取り扱いを始めたというところです。

 

――― 扱える業務を増やす中で、IFAのお仕事をされているのですね。

運用と金融に関しては、ベースは会計事務所のため、運用業務をやると言い出したときは、猛反対されました。運用が関係する変額保険の取り扱いについても反対されました。

ただ、結果としてお客様のニーズに応えていこうという話になり、まずは変額保険からスタートしました。その後、証券仲介業、現在の金融商品仲介業の登録を進めたという流れです。

IFAという事に関しては、一番最初に現在のPWM日本証券とお付き合いをさせていただきました。公平中立というキーワードをとても大切にしています。

 

――― 現在の業務内容を教えてください。

現在、みさわ財産コンサルティングに在籍しているメンバーは、会計事務所の資産税業務を同時に担当しています。普段は、相続税の申告や相続対策、事業承継対策の業務をメインで行っているのですが、そういった中で、お客様に対して、相続対策用の生命保険や、あるいは相続された財産の運用といったものを提案させていただいています。

また、監査業務のクライアント向けに生命保険や運用関係のご提案をさせていただいています。

 

――― 一番やりがいを感じるのはどういったときでしょうか。

仲介業には大きなやりがいを感じています。この地域は製造業が多いのですが、製造業はものを作る、何かを生み出すという業態です。仲介業も製造業に似ていて、間接的にではありますが、付加価値を生み出していると思います。運用資産の価値が増えることでお客様にも喜んでいただけるし、そういう点で楽しいなと思っています。

 

――― みさわ会計事務所に入所されたきっかけを教えてください。

知人に紹介頂き、入社試験を経て入社しました。

 

――― お仕事する上でのこだわりを教えていただけますでしょうか。

こだわりは、やっぱりプロに徹するっていうことですね。当然正しさは求められますし、常に公平性も求められると思っています。

――― どういったお客様が多いのでしょうか。

相続税の申告業務を通じて関係を構築したお客様や会計事務所の法人のお客様、経営者の方が多いです。会計事務所の業務を通じてご相談があり、そこからいろいろなご相談を頂いたというケースが多いと感じています。弊社は、あまり一般の個人の方向けに営業活動をしていませんので、自ずと会計事務所のお客様、相続のお客様が多くなるという形です。

 

――― 過去に印象的だった案件はございますか。

個別の案件ではありませんが、何といってもリーマンショックです。それ以前から運用していただいたお客様の資産が半分ぐらいになってしまったわけですから、持ち堪えられるか瀬戸際の状況でした。私自身もこのような経験がなく、正直非常に厳しかったです。残念ながら、ごく一部のお客様は撤退されました。

でも、この経験があったからこそ、その頃からお付き合いのあるお客様は、今どんな状況でももう全然問題ないですね。

 

――― 相続からその他のご相談にという方が多いというお話でしたが、金融に関わるような部分でいうとどのようなご相談が多いでしょうか。

まとまったお金を相続される方が多いので、そのお金をどうしたら良いかというご相談を多く頂きます。預金していても仕方がないし、何かありませんかというご相談です。お客様のご要望次第では、こちらから積極的に働きかけることもあります。

 

――― 得意なご提案分野を教えてください。

弊社は、基本的に公募の投資信託と、ヘッジファンドを使ってのご提案がほとんどです。

 

――― よくご覧になるような媒体は何かございますか。

日経はもちろん見ますが、ファンドのレポートはよくチェックしています。

 

――― 今後の金融業界はどうなっていくと思いますか。

ネットに関してはどんどん進んでいくでしょうし、またIFAは今後もっと広がっていくと期待しています。

ただ、実際まだまだ動けていない部分が多いので、もっともっとIFA業務をやっていきたいなと思っています。

 

釜洞様のプロフィールはこちら

ランキング

タグ

IFA個人インタビューみさわ財産コンサルティングペレグリン・ウェルス・サービシズマネーブレインJapan Asset ManagementCSアセットInnovation IFA Consultingファイナンシャルスタンダード
記事一覧へ戻る